白内障手術の費用

白内障手術は大きく分けて2種類

単焦点レンズ 多焦点レンズ
費用 1割負担 片眼 約15,000円
3割負担 片眼 約45,000円

先進医療適応手術

片眼 466,000円(税込)(厚生労働省認定治療費)

保険 健康保険適応 健康保険適応外
矯正 老眼・乱視は治らない 近視・遠視・老眼を一度に治療
術後 手術後も眼鏡が必要 眼鏡やコンタクトレンズに頼らない生活
対象 多くは60歳以上 老眼を自覚する40代から

手術後の見え方には個人差があります。

おぐりクリニック・長浜院/名古屋院は厚生労働省の先進医療認定を受けています。(滋賀県内では2か所のみ)

認定を受けている施設で先進医療の多焦点眼内レンズの手術を受けるとご自身で先進医療をカバーする保険に加入されていれば手術費用の給付が受けられます。(実質無料となることが多いです)

手術費用は窓口で一旦お支払して頂きます。

単焦点眼内レンズ

健康保険の負担率 片眼費用 両眼費用
1割負担の方 15,000円 30,000円
2割負担の方 30,000円 60,000円
3割負担の方 45,000円 90,000円

費用は個人差がありますので、目安としてお考えください。
診療報酬点数の改定に伴い、大幅に変わることがあります。

先進医療とは

厚生労働大臣によって認められた医療機関のみが実施できる高度医療技術を用いた有効かつ安全な新しい医療技術のことです。

ただし健康保険の対象となっていないため高額な費用かかる場合がほとんどです。

おぐりクリニック・長浜院は白内障手術における『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』の先進医療取扱い施設に認定されております。

『手術費用の負担が大きい』という理由だけで、先進医療の手術をあきらめるのはもったいない!

一度ご自身で加入されている医療保険の内容を確認し、見直してみましょう。

多焦点眼内レンズ(先進医療指定手術)

先進医療 片眼費用
多焦点眼内レンズ手術 466,000円(税込)
保険診療(検査費・薬代)
1割負担の方 5,000円
2割負担の方 10,000円
3割負担の方 15,000円

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は先進医療に指定されているため、先進医療実施医療機関に承認されているおぐりクリニック・長浜院にて同手術を行った場合、手術代金以外の検査代、薬の処方代などが“健康保険適用”になります。
「先進医療」にかかる費用をカバーする保険に加入されている方は、先進医療費(自費負担)が給付されます。全額が負担される場合もございますので、詳しくはお問合せ下さい。
費用は個人差がありますので、目安としてお考えください。

自費診療プレミアム多焦点眼内レンズ「ファインビジョン」

先進医療対象外 片眼費用
ファインビジョン(乱視なし) 410,000円(税抜)
ファインビジョン(乱視あり) 460,000円(税抜)

ファインビジョンは、日本では未承認のため先進医療の対象外です。
手術費用には術後6ヶ月間の検診料・治療薬料金が含まれます。

自費診療プレミアム多焦点眼内レンズ「レンティス」

先進医療対象外 片眼費用
レンティス(乱視なし) 360,000円(税抜)
レンティス(乱視あり) 410,000円(税抜)

レンティスは日本では未承認のため先進医療の対象外です。
手術費用には術後6ヶ月間の検診料・治療薬料金が含まれます。

アドオン・レンズ

白内障手術ですでに眼内レンズが挿入されている眼に、さらにもう一枚眼内レンズを挿入することで見えづらさを解消します。(多焦点(遠近両用)レンズを使用すれば、老眼の悩みを改善)することも可能です。

片眼費用
Add-On(アドオン)レンズ 単焦点 220,000円(税抜)
Add-On(アドオン)レンズ 多焦点 320,000円(税抜)

手術費用には術後6ヶ月間の検診料・治療薬料金が含まれます。

お支払い方法

現金
クレジットカード

一括、分割、リボ、ボーナス、ボーナス併用などお選びいただけます。

取り扱いカード一覧

VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、UFJ Card、NICOS、MUFG Card、DC Card、UC Card

デビットカード
銀行振込み

白内障手術についてのページ一覧