厚生労働省認可 先進医療実施医療機関(長浜院、名古屋院)

先進医療実施医療機関って何?

どの医療機関でも「先進医療」を受けられるわけではありません。
厚生労働省に申請し、一定の要件を満たしている医療機関のみが「先進医療の実施医療機関」として認められ、先進医療の実施が可能です。
先進医療認定施設で先進医療を受けた場合、共済を含め民間の「先進医療」をカバーする医療保険に加入されていれば、手術費用に対してそれぞれの保険会社から給付金を受けることができます。

先進医療に認定された医療機関以外で先進医療と同様の治療・手術を受けても先進医療とはみなされません。

この場合、全てが公的医療保険の対象外となり診察料などを含め全額自己負担となります。
先進医療に認定されると、「先進医療にかかる費用」は自己負担となるものの、術前術後の診察・検査、薬代、入院等に公的医療保険が適応になり、今までよりも患者様の経済的負担が軽減されます。

前のページへ戻る