白内障術後の追加レンズ

すでに白内障手術を受けている方に新たな選択肢「アドオン・レンズ」

すでに白内障手術を受けたものの、近視や遠視、または乱視が残って、見え方に満足されていない方にお勧めなのが、さらに眼の中にレンズを追加する「Add-0n(追加型)眼内レンズ」です。

 

白内障手術ですでに眼内レンズが挿入されている眼に、さらにもう一枚眼内レンズを挿入することで見えづらさを解消します。(多焦点(遠近両用)レンズを使用すれば、老眼の悩みを改善)することも可能です。

HumanOptics社製Add-On(アドオン)レンズ

img_etc01

1. 多焦点レンズ:「遠くも近くも」見える

多焦点の「Add-On(アドオン)レンズ」お選びになると、単焦点眼内レンズでの手術を行った方でも遠くも近くも見えるようになります。老眼鏡の使用頻度を減らしたい方や単焦点眼内レンズの白内障手術で十分に視力矯正ができなかった方に適した治療です。

img_etc02
 

・多焦点

多焦点レンズを使用するため、手術後は遠くも近くも見えるようになります。
※辞書のような非常に細かい文字を見るときや長時間の読書では老眼鏡が必要になります。

 

・単焦点

単焦点レンズを使用するため、近視·遠視·乱視を矯正し遠方の裸眼視力を向上させます。

 

2.「レンズ入れ替え不要」の画期的な老眼治療

白内障手術後に屈折誤差が生じた場合、これまでは眼内レンズを「入れ替え」を行う方法が主流でした。しかし、眼内レンズ入れ替え手術は困難でリスクも高く、眼に負担もかかっていました。最近ではレーシックによるタッチアップが当院ではメインの視力補正手段となっています。

ところが、まれに円錐角膜など、角膜の問題でレーシックが出来ない方もおられます。こうした場合、アドオン·レンズは新しいレンズを追加するだけなので短時間で安全に治療いただけます。

 

3.高度な医療技術に対する豊富な経験値

「アドオン·レンズ」は白内障手術や、眼内コンタクトレンズ(ICL(アイシーエル)など)手術の経験豊富な眼科専門医が執刀を行います。高度な医療技術が要求される「アドオン・レンズ」も安心してご選択いただけます。

 

img_etc03

手術費用には術後6ヶ月間の検診料·治療薬料金が含まれます。

 

前のページへ戻る